私たちのこだわり

頼れる雑工は、指示を待つのではなく、必要な作業に自ら気が付ける観察力を持っています。
気配り・目配り・心配りの精神で、現場を支え、作業の合理化を図ります。私たちに関わってくださる全ての方たちの応援サポーターとして、できることは全力で。を合言葉に皆さんにとっての〝縁の下の力持ち〟を担って参ります。〝必要とされる場所へ赴き、必要以上のパフォーマンスでお返しする〟いつまでも必要とされる存在でありたい。それが弊社のワークスタイルです。

「雑工」と聞くと、どこか軽視されやすい仕事なのかもしれません。しかし私たちは、その仕事に大きく2つのこだわりを持っています。
一つは、同業他社に負けない気持ち。もう一つは、世間的な雑工のイメージを大きく変える仕事を提供し、現場から必要とされ続けることです。現場にとって、+αの存在ではなく、なくてはならない存在であり続けることが私たちのプライドです。

  • 不調を見逃さない体調管理

    元気がない、顔色が悪い、一人ひとりの体調管理は本人だけでなく職長もしっかり確認しています。声がけを行うことにより、様子の変化に気が付けるよう心掛けています。そうした助け合いが事故を未然に防ぎます。

  • 先輩が寄り添う新人教育

    工具の使い方などは特に手厚く指導しています。必ず先輩が寄り添い、一人で作業出来るようになるまで隣でフォローします。
    安全と、個人のスキルアップのために指導にかける時間は惜しみません。

  • 独自のKY活動

    日々の現場では一人一人が危険予知を見つけ、事故を未然に防ぐにはどうしたらいいか自ら考えさせる教育をしています。徹底した日々のKY活動、そして半年に一度必ず開催する安全大会で個々の知識を深めています。

  • 施工技術はもちろんのこと、人間力の高い人材を育成しています。
    ベテラン多能工と若手社員が一丸となって現場を作りあげています。困難な場面でも協力し合い、いかなる時もチームとして乗り越えます。

  • 仕事に対して「誠意を尽くす」という意志。どんなことを頼まれてもその人の目線に立ち、解決する最善の提案ができるよう心掛け作業を行います。それがハヤシダテクノの多能工です。
    ご依頼いただくお客様や、多職種の方々と同じゴールを目指し、感謝の想いで現場に尽くします。